各種点滴療法

グルタチオン点滴療法


グルタチオン点滴療法をご存じですか?

脳にとって最も重要な抗酸化物質

グルタチオンとは、人間の体内に広く分布するアミノ酸が3つ結合したペプチドという化合物です。強力な抗酸化作用を持ち、様々な有害物質から人間の身体を守る働きがあります。一般的に20代以降は加齢とともに減少していきますが、その結果、活気や歩行能力が低下してくる方がいらっしゃいます。

グルタチオン点滴療法

グルタチオン点滴療法

日本ではこれまで主に薬物中毒や、慢性肝炎の治療に使用されています。副作用の非常に少ない、安全性の高いお薬ですが、ごく稀に頭痛や吐き気が出る方がおられます。しかし、これらの症状は投与中止により改善します。ちなみに、アメリカでは指先のしびれ(末梢神経障害)、閉塞性動脈硬化症など様々な疾患の治療に使われています。

近年このグルタチオン点滴療法により、パーキンソン病の方で歩行が改善した、という報告が多く見られるようになりました。また認知症患者様においても、歩行や活気が改善したという例が多数報告されています。

認知症患者様の点滴には、グルタチオンに加えてシチコリンやソルコセリルといった脳代謝賦活剤や、ビタミン剤を併用することもあります。

なお、グルタチオンは全ての患者様で効果を認めるわけではありません。有効率は40〜60%ほどと言われております。劇的に効果がある場合もあれば、全く効果の無い方もいらっしゃいます。治療効果があれば、定期的な投与で調子を維持することが必要となります。また、初回投与では効果が実感できなくても、2〜3回投与を行うと効果が出てくる方もいらっしゃいます。必要な投与回数は患者様毎で異なりますが、月に数回投与されている方が多いようです。

グルタチオン点滴療法は、現在保険で認められているよりも多くの量が必要です。従って治療は保険適応外の自由診療となります。

ご興味のある方は、当院までご連絡下さい。 (099-297-5588)