糖質制限について

  • HOME
  • > 糖質制限について

糖質制限について

糖質制限について

「糖質制限」という言葉をご存じでしょうか?

三大栄養素の一つである炭水化物のうち、食物繊維を除いたものが糖質で、米やパン、麺類などのいわゆる「主食」に多く含まれています

糖尿病という病気をご存じない方はいないと思います。「おしっこに糖が出てくる病気」、「血糖値が高くなる病気」といったイメージかもしれませんが、失明に至る可能性のある糖尿病性網膜症、人工透析に至る可能性のある糖尿病性腎症、下肢切断に至る可能性のある糖尿病性神経障害など、多くの合併症を引き起こす恐ろしい病気です。

また、ガンや脳卒中、心筋梗塞、そして認知症のリスクを高める病気としても、糖尿病は近年注目されるようになっています。

自己免疫疾患と考えられている1型を除き、糖尿病の9割を占めると言われている2型糖尿病はいわゆる「生活習慣病」です。生活習慣病とは、運動不足や喫煙、ストレス、偏食などをきっかけに発病する病気の総称です。つまり、気をつけることによって是正可能な病気と言えます。

では、2型糖尿病にならないために最も気をつけるべき事とは何でしょうか?

それは過剰な糖質摂取を慎むこと、すなわち「糖質制限」です。

血糖値を上げる食べ物(≒糖質)を摂取しなければ、理論上2型糖尿病にはかかることはありません。

甘い食べ物に気をつけていれば大丈夫、という訳ではないことに注意して下さい。冒頭に書きましたように、糖質はいわゆる「主食」に多く含まれているため、「朝は軽めにパンで、昼は評判のラーメン店で、夜は家でカレーライス」といった食事に加え、普段から清涼飲料水をよく飲むような生活を送っていると、いつの間にか2型糖尿病を発症していた・・・・そのような方が非常に多いのです。

このような方達は、特別暴飲暴食していたつもりはないでしょうし、およそ一般的な日本人の食生活を送っていたに過ぎないと思います。それでも2型糖尿病にかかるリスクが増してしまうのが、現代社会です。

糖尿病に限らず、ガンや認知症といった病気のリスクも下げたいと願う方にとって、最もシンプルな解決策が糖質制限であると考えます。

まずは「主食」という観念(束縛)から一旦離れてみては如何でしょうか?

なお、院長ブログでは糖質制限に関する話題を多数取り上げております。 ブログ内の検索ボックスから「糖質制限」で検索するか、カテゴリー欄から「栄養学」を選択してご覧下さい。


生活習慣病ドック

生活習慣病ドック

偏った食事に運動不足、睡眠不足に加えて様々な人間関係におけるストレス。

これらの積み重ねの先に待っているのが、生活習慣病です。

生活習慣病そのものは命に関わるわけではありませんが、脳卒中や心筋梗塞、ガン、認知症など他の病気のリスクを上げてしまいます。逆に考えると、生活習慣病にならないような工夫をしておけば、様々な病気のリスクを下げることが出来る訳です。

どういった工夫をすれば良いのか、当院で一緒に考えてみませんか?


当院のドックで分かること

古い脳梗塞や脳出血の痕跡、また脳の萎縮の度合いなどを頭部CTで確認します。また、頸動脈エコー検査などで動脈硬化の度合いを調べる事が出来ます。採血検査では一般的な項目に加え、血糖値や脂質に関する詳しい項目をチェックすることが出来ます。

当院ドックでは分からないこと

当院にはMRIがありませんので、くも膜下出血の原因となる動脈瘤を見つけることは出来ません。

内容と料金

  • 各種採血検査
  • 物忘れスクリーニング検査
  • 頭部CT・腹部CT(内臓脂肪と皮下脂肪の測定)
  • 心電図と脈波検査
  • 頚部エコー検査

検査に要する時間は、およそ2時間ほどです。初回は検査が終わればご帰宅となります。後日、検査結果に基づいた詳しいアドバイスを聞いて頂くために、もう一度来院して頂きます。

料金は3万5千円(税込み)となります。