糖質制限について

糖質制限とは?

「糖質」という言葉をご存じでしょうか?

米やパン、麺などのいわゆる「主食」に多く含まれるのは、炭水化物という栄養素です。この炭水化物から食物繊維を除いたものを、「糖質」と呼びます。糖質は、お菓子や清涼飲料水にも多く含まれています。

糖尿病という病気は皆さんご存じだと思います。

「おしっこに糖が出る病気」、「血糖値が高くなる病気」といったイメージかもしれませんが、血糖値が高いだけでは痛くも痒くもありません。

しかし、失明に至る可能性のある糖尿病性網膜症、人工透析に至る可能性のある糖尿病性腎症、下肢切断に至る可能性のある糖尿病性神経障害など、多くの合併症を引き起こす恐ろしい病気。

それが、糖尿病です。

自己免疫疾患と考えられている1型を除き、糖尿病の9割を占めると言われている2型糖尿病はいわゆる「生活習慣病」です。
生活習慣病とは、運動不足や喫煙、ストレス、偏食などをきっかけに発病する病気の総称で、普段の取り組み次第で予防可能な病気です。
糖尿病は、ガンや脳卒中、心筋梗塞、そして認知症のリスクを高める病気としても注目されており、糖尿病を予防することは即ち、他の病気を予防することに繋がるのです。

糖尿病(2型)にならないために気をつけるべきは、過剰な糖質摂取です。
過剰な糖質摂取を慎むことを「糖質制限」と呼びます。

糖質を食べると、必ず血糖値は上がります。血糖値が上がりすぎると、血管が内側から傷ついて動脈硬化が促進されます。無駄に血糖値を上げすぎないようにする工夫、それが糖質制限です。
「甘い食べ物に気をつけていれば大丈夫」という訳ではありません。
冒頭に書きましたように、糖質はいわゆる「主食」に多く含まれているため、「朝はパンとコーヒー、昼はラーメン、夜は家でカレーライス。」
このような食生活を送っているうちに、いつの間にか2型糖尿病を発症していたという方を多く見かけます。

糖尿病に限らず、ガンや認知症といった病気のリスクも下げたいと願う方にとって、最もシンプルな解決策が糖質制限です。
一度採血検査を受けて頂き、現在のご自身の状態を調べてみることをお勧めします。

難しく考える必要はありません。
まずは、「主食」という観念(束縛)から一旦離れてみましょう。

なお、院長ブログでは糖質制限に関する情報発信も行っておりますので、是非ご覧下さい。

鹿児島認知症ブログ