設備・機材紹介

陶板浴(テラヘルツ波照射)

陶板の上に横たわり、体を温める「陶板浴」。

慢性的なストレスで交感神経の過剰な緊張が持続すると、血行不良、低体温、頭痛や肩こり、不眠などが引き起こされます。

抗酸化溶液を塗り込んだ特殊な陶板から放出されるテラヘルツ波は、体の奥深くを温め副交感神経を活性化し、血行改善を促進します。

 

  • 自律神経のバランスを整えたい
  • 免疫力を高めたい・体温を上げたい
  • 腸内環境を整えたい
  • 睡眠の質を高めたい

 

このようなご希望をお持ちの方は是非、当院の陶板浴をお試し下さい(1回15分)。
なお、同じく副交感神経を活性化させるスーパーライザーとの併用もお勧めです。