各種点滴療法

  • HOME
  • > 各種点滴療法

グルタチオン点滴療法

グルタチオン点滴療法をご存じですか?

脳にとって最も重要な抗酸化物質

グルタチオンとは、人間の体内に広く分布するアミノ酸が3つ結合したペプチドという化合物です。強力な抗酸化作用を持ち、様々な有害物質から人間の身体を守る働きがあります。一般的に20代以降は加齢とともに減少していきますが、その結果、活気や歩行能力が低下してくる方がいらっしゃいます。

グルタチオン点滴療法

グルタチオン点滴療法

日本ではこれまで主に薬物中毒や、慢性肝炎の治療に使用されています。副作用の非常に少ない、安全性の高いお薬ですが、ごく稀に頭痛や吐き気が出る方がおられます。しかし、これらの症状は投与中止により改善します。ちなみに、アメリカでは指先のしびれ(末梢神経障害)、閉塞性動脈硬化症など様々な疾患の治療に使われています。

近年このグルタチオン点滴療法により、パーキンソン病の方で歩行が改善した、という報告が多く見られるようになりました。また認知症患者様においても、歩行や活気が改善したという例が多数報告されています。

認知症患者様の点滴には、グルタチオンに加えてシチコリンやソルコセリルといった脳代謝賦活剤や、ビタミン剤を併用することもあります。

なお、グルタチオンは全ての患者様で効果を認めるわけではありません。有効率は40〜60%ほどと言われております。劇的に効果がある場合もあれば、全く効果の無い方もいらっしゃいます。治療効果があれば、定期的な投与で調子を維持することが必要となります。また、初回投与では効果が実感できなくても、2〜3回投与を行うと効果が出てくる方もいらっしゃいます。必要な投与回数は患者様毎で異なりますが、月に数回投与されている方が多いようです。

グルタチオン点滴療法は、現在保険で認められているよりも多くの量が必要です。従って治療は保険適応外の自由診療となります。

ご興味のある方は、当院までご連絡下さい。 (099-297-5588)

 

ビタミン・ケトン療法

ビタミン・ケトン療法(高濃度ビタミンC点滴療法)についてご説明いたします。

がん細胞の栄養源は、ほぼブドウ糖(糖質)のみです。がん細胞に極力ブドウ糖を与えないことが癌の治療に繋がるのではないか?と、近年考えられるようになっています。

がん細胞にブドウ糖を与えない食事とは、主にタンパク質と脂質中心の食事のことです。これは「ケトン食」と呼ばれるもので、難治性てんかんの入院治療では既に保険で認めらている治療食です。

ケトンとは、肝臓で合成される脂質由来の物質で、ヒトのエネルギー源となるものです。このケトン産生を体内で高めるための食事が、ケトン食です。

総ケトン体の数値が1000μmol/Lを超えると、がんの抑制及び治療効果が高まるという臨床研究が発表されています(「ステージⅣ進行再発大腸癌、乳癌に対しタンパク質とEPAを強化した糖質制限食によるQOL改善に関する臨床研究」古川健司)。ビタミン・ケトン療法はこのケトンの効果に着目した治療法です。

ブドウ糖とビタミンCの化学組成は近似しているため、ブドウ糖が欠乏している状態ではがん細胞は積極的にビタミンCを取り込もうとします。そして、大量のビタミンCを取り込んだがん細胞が死滅することは、多くの研究結果で明らかになっています。

ビタミン・ケトン療法とは、「①糖質制限や各種点滴によって高ケトン状態を作り出し、がん細胞を絶食状態にする②そこに高濃度のビタミンCを点滴することで、がん細胞の死滅を狙う」治療法のことです。ビタミンC以外の薬剤、主にビタミンB群やミネラルを点滴に加えることもあります。

がんの標準治療(手術・化学療法・放射線治療)では、がんのみならず健康な身体組織にダメージが及び、時に重篤な合併症が起こりえます。その点、高濃度ビタミンC点滴は健康な身体組織への悪影響はなく、既に標準治療を受けられている方でも併用は可能です。

一般的な高濃度ビタミンC点滴療法で用いられるビタミンCの量は、25g~100gですが、ケトン体を1000μmol/L以上に保つことにより、ビタミンCの量を10g~20gに抑えることが出来ると考えています。ケトン体を大量に作り出すためには、皆さんの普段の食事が最重要となります。

ビタミン・ケトン療法における注意点

この治療法は、「手術・化学療法・放射線治療」というがんの標準治療と比べて極めて安全と考えられていますが、確実な効果を約束するものではありません。

前提として、点滴前のケトン体の数値が1000μmol/Lを超えていることが重要です。その他、末期腎不全や人口透析中、または大量の胸水や腹水が存在する場合には、適応とはなりません。

点滴により、一過性に血管痛や眠気、または血管拡張作用による火照りや動悸を感じることがあります。

その他、0.1%以下の頻度と言われていますが、高濃度ビタミンCによる溶血性貧血を来す方がおられるようです。

鹿児島で本件にご興味のある方は、当院までご連絡下さい。※尚、ビタミン・ケトン療法は保険適応外の自由診療となります。あらかじめご了承下さい。

ひらやま脳神経外科
〒890-0055 鹿児島市上荒田町26番19号-2F

TEL: 099-297-5588
※電話受付は診療時間内となります。