新着情報

カラードプラとパワードプラ (前編)【画像診断シリーズ9】


皆様こんにちはsun

 

今回の画像診断シリーズは、超音波検査に使われる「カラードプラとパワードプラ」についてsign03

 

当院でも腹部や頸動脈などの超音波検査を行っていますが、自分の復習も兼ねてこのテーマについて

勉強していきましょうhappy01

 

【ドプラ法】

超音波検査の診断には、Bモードによる形態的な情報に加えて、ドプラモードによる血行動態の

評価も取り入れられています。ドプラ検査は、血行動態をリアルタイムに、そして無侵襲に観察

することが可能で、カラードプラ法とパワードプラ法の検査情報を加えれば診断能は飛躍的に

向上します。

 

【ドプラ効果】

物体が遠ざかっていく場合や近づいてくる場合、その物体から発生する音の波長が変化する現象。

パトカーや救急車が近づいてくるとサイレンが高く聞こえ、通り過ぎると低い音に変化する、

この現象である。この周波数(ドプラ偏位周波数)は超音波のビーム方向と血流方向とがなす

角度に依存している。

 

【ドプラの公式】

ビーム入射角度θは、超音波像をみながらダイアルによりドプラ角度の補正を設定する。

このドプラの角度補正は、60度を超えると速度換算誤差が急激に増加するので、

検査時にはプローブの位置やスキャン方向を変えて血管とドプラビームとの角度を

60度以内とする。

 

【血流表示する際に配慮すべき設定事項】

カラードプラ表示はBモード画像に血流情報を重ねて表示している。血流表示における

装置の設定事項はBモードの設定事項とは分けて考える必要がある。

Bモード表示する際に配慮すべき装置の設定事項には、

 

①ダイナミックレンジ

②ゲイン

③STC(Sensitivity Time Control)

④フォーカス

⑤周波数

 

などがある。

ダイナミックレンジは画像の諧調-画像の濃淡の段階を決めるものであり、

狭いと画像が粗く、広いとスムーズにのっぺりとした感じに表示される。(図1)

ゲインは画像全体の明るさを決めるもので、低いと不鮮明となり、高いと

明るくノイズが多い画像となる。(図2)

STCは深さによるエコーの減衰を補正・調整し、画像全体のエコー輝度を

一定にすることを可能とする機能である。

 

(図1)ダイナミックレンジの違いと画像

写真 2017-12-04 13 20 51.jpgDR:42
写真 2017-12-04 13 21 00.jpgDR:51写真 2017-12-04 13 21 04.jpgDR:63写真 2017-12-04 13 21 10.jpgDR:74

 

ダイナミックレンジが狭いとDR42の画像のように粗く、広いとDR74の画像のように

スムーズだがのっぺりとした画像になります。

 

(図2)ゲインの違いと画像

写真 2017-12-04 13 21 15.jpgG:60
写真 2017-12-04 13 21 21.jpgG:70写真 2017-12-04 13 21 29.jpgG:80

 

ゲインが低いとG60の画像のように暗く不鮮明、高いとG80の画像のように明るくノイズの多い画像

となります。


(図3)フォーカスの違いと画像

写真 2017-12-04 13 21 35.jpgF:浅め
写真 2017-12-04 13 21 43.jpgF:真ん中写真 2017-12-04 13 21 49.jpgF:深め

 

フォーカスが浅いと深部組織が暗く見えづらくなり、深すぎると浅い組織が不鮮明になります。

 

放射線技師 武宮 太

 

【参考書籍】

超音波医学雑誌 2017年 第44巻 3号

日超検 腹部超音波検査テキスト 第2版